劇場情報
グンダ―マン 優しき裏切り者の歌
GUNDERMANN
グンダ―マン 優しき裏切り者の歌
昨日より、今日がいいわけじゃない―。
ドイツ映画賞6部門で最優秀賞を受賞!
グンダ―マン 優しき裏切り者の歌
GUNDERMANN
グンダ―マン 優しき裏切り者の歌
昨日より、今日がいいわけじゃない―。
ドイツ映画賞6部門で最優秀賞を受賞!
東ドイツ、監視国家の褐炭採掘場。15篇の自作曲とともに描かれる、シュタージの協力者だったミュージシャンの真実。
bg
bg
5/15(土)より、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開
5/15(土)より、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開
Introduction
bg1

Introduction & Story

失われた国、最大のスキャンダルとなった秘密警察((シュタージ)) ―。“東ドイツのボブ・ディラン”と呼ばれ、スパイだった男の真実の物語。

失われた国、最大のスキャンダルとなった秘密警察((シュタージ)) ―。“東ドイツのボブ・ディラン”と呼ばれ、スパイだった男の真実の物語。

ベルリンの壁崩壊後の東ドイツにおいて、最も重要で最も有名な実在のシンガー・ソングライター、ゲアハルト・グンダーマン。多くの顔をもち矛盾に満ち溢れたこの男の人生を通して、わたしたちはようやく東ドイツという国を理解することができるだろう――。

グンダーマンは、昼間は褐炭採掘場でパワーショベルを運転する労働者だが、仕事が終わるとステージに上がり、自ら作った曲を仲間とともに歌う。彼の希望や夢、理想に満ちた歌は、多くの人々に感動を与え人気者になっていった。その一方、当時の秘密警察(シュタージ)に協力するスパイとして友人や仲間を裏切っていたが、1990年の東西ドイツ統一後、自らも友人にスパイされていたことを知り、その矛盾を自らに問うこととなる…。
監督は、現在ドイツで最も注目されている東ドイツ出身のアンドレアス・ドレーゼン。絶大な信頼をおく脚本のテイラー・シュティーラーとともに10年の歳月をかけて、私たちの知らない人間と国家の断末魔の叫びをユーモア溢れるリアルで繊細なタッチで掬い取り、ドイツで最も権威のあるドイツ映画賞(2019)で作品賞、監督賞含む全6部門で最優秀賞を獲得した。東ベルリン生まれの主演アレクサンダー・シェーアは、グンダ―マン本人と見間違うほどの神がかり的な演技を見せ、劇中で演奏される全18曲を自らカバーしている。グンダーマンの妻コニーを演じるのは可憐なアンナ・ウンターベルガー。
本作は、2つの時代から東ドイツの過去を厳しく見つめ、問い直そうとする東ドイツ独特の“ふるさと”映画でもある。分断されていた国に生きた人物の複雑な人生と、現在を生きる私たちの橋渡しをするように響く哀しくも美しい歌とともに紡がれる、新しいドイツ映画、そして音楽映画の傑作が誕生した。

シュタージ(Stasi)とは

bg2
bg2
1950年に設立された東ドイツの秘密警察・諜報機関である国家保安省の通称。盗聴や密告を通して東ドイツ全域を監視し、ドイツ社会主義統一党の支配体制維持を目的に、反体制運動や危険思想をもつと見なされる人物を弾圧していた。正規職員は約9万人、少なくともその2倍以上の非公式協力者(IM)がいたといわれる。彼らが残した記録「シュタージ文書」は膨大な量にのぼる。東西ドイツ統一後、本人や家族に限り閲覧が可能になった。